静岡、神奈川、埼玉で介護サービス全般を提供する、まごころ介護サービス

株式会社まごころ介護サービス

054-285-5201 お問い合わせ受付時間:平日9時~18時

レンタル静岡事業部 スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > レンタル静岡事業部 スタッフブログ > やすむ ⇒ 支えるへ!

やすむ ⇒ 支えるへ!

こんにちは!車いす大好き♡まごころレンタルの松山です。

4月になりました!新年度のスタートですね!
静岡はもう桜が満開というところでしょうか。
営業しながら春気分をしっかり味わっている松山です(*^^*)


さて。今日も車いす談義始めるとしますか。


車いすはいろんな部分から構成されていますが、
皆さんはどのように呼んでいらっしゃるでしょうか?

例えば
チルリクなどの枕の部分 → ヘッドレスト or ヘッドサポート
肘掛け → アームレスト or アームサポート
足を乗せる部分 → フットレスト or フットサポート
座った時の背中のシート部分 → バックレスト or バックサポート


え〜〜?
それってバックレストじゃないのぉ?
いやいやバックサポートでしょ?

こんな風に感じられていた方もいるんじゃないでしょうか?

○○レストという呼び方は、色々な場面で今でも使われている呼び方なのですが、
2006年3月に手動および電動車いすのJIS規格の最新版が発表された際に用語の表記も見直しが行われ、
「休息」を意味する「レスト」から、「支える」を意味する「サポート」という表現へ変更されました。
 

つまり、
ヘッドレスト → ヘッドサポート
アームレスト → アームサポート
フットレスト → フットサポート
バックレスト → バックサポート

という呼び方に変わったということです。


とはいえ、いまでもあちらこちらで
ヘッドレストやアームレストという呼び方が使われていますよね。
松山も学校で車いすのことを習った時には、しっかり○○レストと教わりました。
だから、いまでもつい○○レストと言っちゃうこともあります(^^;;


どちらも間違いではないと思いますが、
最近の車いすのテキストなどには
構成部分の名称としてレストではなくサポートが使われています。

それはこんな理由だということをお見知りおきくださいね〜d(^_^o)

01957D5C-CCD8-4C5C-9D5C-D79A8CAAA314-50555-00000E3D642CB1B8.jpg

 福祉用具のことでお困りのことがありましたら お電話ください!

☆★☆まごころ介護サービスレンタル事業部☆★☆
〒422-8009
静岡市駿河区弥生町4-26 まごころタウン静岡1F
TEL 054-274-2621 FAX 054-274-2625

2022年04月01日

<< 前の記事  |   レンタル静岡事業部 スタッフブログトップへ   |  次の記事 >>

  • まごころのケア
  • まごころのイベント紹介
  • 採用情報
  • 新卒採用
  • 初めて介護保険を利用する方へ
  • 事業所紹介
  • スタッフブログ
  • インフィック株式会社
  • 介護セミナー、介護情報のことならかいごナビ
  • 福祉皮膚美容師養成講座開講します

ページの先頭へ