静岡、神奈川、埼玉で介護サービス全般を提供する、まごころ介護サービス

株式会社まごころ介護サービス

054-285-5201 お問い合わせ受付時間:平日9時~18時

まごころ介護サービス静岡西 スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > まごころ介護サービス静岡西 スタッフブログ > 書く

書く

何かしらメモを取る・記録に残すことを皆さんはされていますか?

今は、パソコンや携帯のメモ機能を使われている方も多いと思います。

私は、どちらかと言えばアナログ人間。なので、携帯のメモ機能は使ったことはありません。

その場にあった、広告やメモ紙にチョロチョロとメモします。

そして、そのメモ内容の処理が終わると捨てます。

しかし、メモをうっかりし忘れるとさぁ大変!『何だったかなぁ???』『なんて言ってたかなぁ??』と頭がぐるぐる。

その対策をするべくアナログ人間は、小さなノートを購入しました。初日はそのノートにメモしました。翌日はそのノートの存在を忘れ、二日後に前日の事を思い出しながら書きました。

毎日、その繰り返し。『せめて、要点だけは必ず書こう!』意識するのですが、なかなか上手く出来ません。

どうしたら習慣に出来るか考えていた時に思い出したのは・・・母の事です。

私の母は、若い頃から書く習慣がありました。70歳位までは、小さなスケジュール帳に小さな字で書いていました。

今も、その習慣は変わらずです。80歳を過ぎた今は、A4ノートに小さな字で書いています。

ただ、自分で書いたことを忘れ、何度も同じ内容を書いたり、書いた内容を読み返して『何のことだっけ?』と言う変化はあります。

私が、いま習慣化する事が出来ないノートにメモする事を自然に行うことが出来ている母を『すごい!』と尊敬します。

私の母は、要介護状態です。自分で『昨日より、今日はすごい悪い。ボケまっしぐら。』と会うたび言います。

確かに母は思い切りいろんな事を忘れます。

しかし、習慣としてやってきたメモをすることは継続しています。

『ボケまっしぐら。』と言う母ですが、私にとりいつまでも尊敬する存在です。

私も、母のようにすぐに書く!が出来るようになるのだろうか・・・・

『お母さん、すごいです!』

2022年09月18日

<< 前の記事  |   まごころ介護サービス静岡西 スタッフブログトップへ   |  次の記事 >>

  • まごころのケア
  • まごころのイベント紹介
  • 採用情報
  • 新卒採用
  • 初めて介護保険を利用する方へ
  • 事業所紹介
  • スタッフブログ
  • インフィック株式会社
  • 介護セミナー、介護情報のことならかいごナビ
  • 福祉皮膚美容師養成講座開講します

ページの先頭へ